gasso

映画 「合葬」ASA-CHANG&巡礼が音楽を担当したサントラ盤が10/7(水)リリース

ASA-CHANG&巡礼が音楽を担当した、映画「合葬」サントラ盤のリリースが10/7に発売されることが発表された。ASA-CHANG&巡礼名義の作品としては約6年ぶり、バイオリン奏者・須原杏、サックス奏者・後関好宏の2人が加わり新体制となってからは初の音源作品となる。ゲストアーティストにはCurly Giraffe、木津茂理、エアガレージ・ラボ等が参加、ナレーションを担当したカヒミ カリィの声も収録されることが発表された。
そのトライバルかつアブストラクトな独自の波動に満ちた音楽が国内外で評価されると共に、世界各国のメディアにも取り上げられコアな音楽ファンに大人気のASA-CHANG&巡礼。映画『合葬』の音楽は、実験音楽の要素に満ち溢れながらも、明治時代を舞台にした映画の世界感に不思議と溶け込んでいく。映画のサントラとしてだけではなくASA-CHANG&巡礼のアーティスト性とこれまでのキャリアが凝縮された作品に仕上がっている。
「合葬」監督を務めた、小林達夫は、「青春の輝きと訪れる暴力の予感。その両端にある心像を奏でられるのは、ASA-CHANG&巡礼しか考えられなかった。新しい時代劇の、まったく新しい映画音楽をどうぞ。」とコメントを発表している。

ASA-CHANG&巡礼『合葬』
発売日:2015年10月07日
定価:¥2,500+税
amazonにて購入

【曲名】
1、慶応四年月十一日
2、寛永寺
3、不忍池
4、秋津極の回想
5、怪談
6、朝日さす 作詞 : G e n i C l a s h
7、錦布取り
8、月 作曲 : 福原寛
9、納屋
10、はてしなく
11、エンディグ

【参加ミュージシャン】
ボーカル:木津茂理、Curly Giraffe
ギター:エア・ガレージ・ラボ、 八橋義幸
笛:福原寛
ナレーション:カヒミ・カリィ

コメントを残す